歯ブラシで綺麗に掃除

お掃除をする際に、アイテムの1つとして、“歯ブラシ”を利用なさっておられる方は多いと思います。

私も利用しております。
細い溝や、細かい部分をお掃除する時に便利ですよね。

でも、手がだるくなりませんか?

そんな風に、“歯ブラシ”は利用したいけれど手が…と、お思い方に、100円ショップで購入出来る物で、手がだるくならずに歯ブラシを使う方法をご紹介したいと思います。

その方法は単純です。100円ショップで販売している“電動ハブラシ”を利用する、というものです。

実際、私はお掃除グッズの1つとして、“100円ショップの電動ハブラシ”を使っております。

きっかけは、やはり、手の痛みや、手のだるさ…でした。
「お掃除の時、歯ブラシは使いたいけど、この痛み…、でも、まさか、お掃除に電動ハブラシは使うのは…」と、思っている時、100円ショップで“電動ハブラシ”が販売していることに気が付いたんです。

高価な“電動ハブラシ”をお掃除に使うのは抵抗がありますが、これなら…と、購入し、使ってみると、手のだるさも軽減され、自動にブルブルと汚れを落とせて、とっても便利。

なので、“お掃除グッズとして、100円ショップの歯ブラシ”オススメです♪

電子レンジの掃除方法

常日頃に使用している電子レンジ、中を見ると、天井部分や庫内の各所が結構汚れています。

これは温めた食べ物が温め過ぎにより破裂して飛び散った時の物、湯気や油、食べ物の残骸などによる物で、魚や揚げ物など種類もさまざま…固まってしまっているとなかなか取りにくいですよね。

だからといって、強力な洗剤を使うのも、心配…。

洗剤を使うよりも安心で簡単な方法がありますのでご紹介いたします。

使うのは、お酢です。

方法は、水で5倍くらいに薄めたお酢を耐熱容器に入れ、ラップをせずにレンジの中へ。あとは3分程レンジで加熱します。

ポイントは加熱が終わったあと、すぐに扉を開くのではなく、1時間くらいそのまま放置することです。

レンジに入れたお酢は、加熱により湯気が出ます。そして、加熱後にしばらく放置すると、その湯気がレンジの庫内に充満するので、固まった汚れもふやけ、取れやすくなるのです。

また、お酢を使用する理由は、お酢は酸性なので、食べ物の残骸などに多いアルカリ性の汚れを浮かせ、取ることが出来るからです。

放置したあとは、キッチンペーパーなどでレンジの中を拭き取るだけでスッキリ汚れが落ちます。

安心で簡単♪試してみてください!

アルミホイルを使って上手に掃除

台所やお風呂場の排水口の“ぬめり”…お掃除する時も、やっかいで気持ち悪い…ですよね。

その“ぬめり”が、日頃の対策で予防を出来ます。

その対策方法はとても簡単です。

用意するのは、アルミホイル。

アルミホイルを適当に切り、ボール状に丸めてください。
そのアルミホイルで作ったボール状の物を3個くらい準備します。
あとは、それを排水口に入れておくだけです。

それだけで、あのヌルッとしてやっかいな“ぬめり”が予防出来るんです。

理由はアルミホイルにより発生する金属イオンによるもので、アルミホイルが無い場合は、使い古したストッキングなどに10円玉を5枚くらい入れた物をぶら下げておいても同じ理由により、同様の効果があります。

よく、花瓶に10円玉を入れておくと良い…と聞く事がありますが、それも同様の理由、効果の為だと思います。

私は排水口にお金…というのは、なんとなく抵抗があり、アルミホイルを入れる方法を実践してますが、効果は確かにあります。

アルミホイルを丸めて入れておくだけで、あの“ぬめり”から解放♪お試しあれ!

やりだすとキリのない掃除

やりだすとキリのない掃除!
でも苦手な場所も沢山あって!例えばグリルの中。
網や受け皿は外して洗うんですが、引き出し本体やグリルの上部のお掃除は面倒臭さが勝ってしまって、ついつい放置してしまうことが多いんです。
そんなずぼらな私が目をつけたのが
「水の激落くん」です。

これ、ただのお水を電子分解したものだそうで、余計な洗剤や薬品などは全く入ってないのです。
なので食品関係のものや赤ちゃんのオモチャにまで使えるという嬉しい商品なのです。

私はこれでグリルのなかもチャチャッと拭いてしまいます。

キッチンペーパーに数回吹き付けて気になる油汚れ部分を拭きます。
使ったことがある人はわかると思いますがこれスッゴく落ちるんです!
名前負けしてない!
ただの水なのに何故こんなに落ちるのかという理屈はわかりませんが、とにかくよく落ちます。
なので使いたくなる場所もいっぱい。

換気扇廻りの油汚れやタイル汚れ、
炊飯器やケトルの手垢汚れや電子レンジの中とかも有害物質を気にすることなくあちこち拭けるのでとってもお勧めです。

年末が近くなるとディスカウントストアなどで大量山積みしてあるので是非使ってみてほしいです。

おしりふき

我が家には一歳と二歳の娘がいます。
赤ちゃんがいる家庭は大抵同じだと思うのですが、ハイハイをしたり
何でもかんでも口に入れてしまうので
掃除には少し神経質になってしまいます。
大人だったら気にならないような場所、
例えば「はばぎ」と呼ばれる壁のしたの方の段差だったり、普段はいているスリッパの裏だったり。
あとはテレビ周りの誇りや窓、棚など。
そんな場所をお手軽にささっとお掃除できるのが「おしりふき」

このおしりふきがとっても便利でなかなか活用できるアイテムなんです!

子供がテレビやスマホを触って指紋だらけになってしまっても、おしりふきでささっと拭いてティッシュで軽く乾拭きするだけでピッカピカになりますし、
赤ちゃんがいたずらで一杯出してしまったときは袋に入れておいて、誇りが気になる場所の掃除に使ったり、ちょっとテーブルを拭いたり、
時には電子レンジの中や炊飯器回りを拭いたりととってもヘビロテなアイテムなんです!

アルコール除菌ができる訳じゃないですが、赤ちゃんのお尻や手足、お口周りを拭いても大丈夫なものなので安全性はバツグンで安心して使えるのがいいところだと思います。

値段も安く、雑巾を洗って絞って使うのが億劫な人にはオススメなアイテムだと思います。

掃除は便利なグッズを上手に活用することが大切

“掃除をスピーディーに行うときに、便利グッズは無視できない存在です。

便利グッズを上手に活用することで、より早くそして掃除疲れなどがないように終わらせることができます。

掃除に関する便利グッズとしてさまざまな物がありますが、今とても注目を集めているのが重曹やクエン酸です。

重曹やクエン酸は、どちらもとても安く手に入れることができますので、掃除を始めたいと言うときにあれば便利なアイテムとなってくれます。

使い方としては、重曹とクエン酸を同量水やお湯に溶かすだけです。

重曹とクエン酸を混ぜることで、炭酸が出来上がりますが、この炭酸の力でさまざまなタイプの汚れを綺麗にしてくれます。

霧吹きなどで汚れを落としたい部分には吹き付けておけば、半日程で綺麗に汚れを落としてくれます。

年末の大掃除などの忙しいときには、この炭酸をまずは吹き付けておき、他の部分の掃除を済ませ、半日後に吹き付けた部分の汚れを落としましょう。

こうすることで価格でとても効率的に掃除を済ませることができます。”

エアコンの掃除は難しいので京都のKMクリーンサービスにお願いするのをおススメいたします。
お掃除機能付きエアコンにも全メーカー対応しています。

掃除はまずは手順をしっかり把握することから始める

“掃除はとても面倒な作業に感じるはずです。

手間がかかり、しっかり時間をかけたにも関わらず、想像していたように綺麗にならなかったと言うことも珍しいことではありません。

しかし、掃除は効率的に行うことでより早く、そしてより綺麗に仕上げることができます。

まず、重要なことは掃除の手順を把握することです。基本的には、高い場所から低い場所へと移動を行いながら掃除をすることが基本です。

高い場所のホコリを下に落としながら、最終的には床の汚れを落とすと言うイメージで行えば、とても効率的にそして綺麗に仕上げることができるようになります。

また、事前に掃除に関する道具を揃えておくことも重要です。掃除を始めてから、足りない物を購入しなければならないと言う事態にはならないように心がけましょう。

慣れれば掃除も面倒な作業だとは感じにくくなるはずです。

また、一度に全てを終わらせることを前提とするのではなく、部分的に区切って掃除を行えば無理なく終わらせることができます。”

時間が無いときはプロのハウスクリーニング屋さんにお願いすることもおススメいたします。

病気の予防に掃除をしよう

掃除は病気の予防に役に立ちます。掃除を怠ることにより、ホコリやハウスダスト、ゴミなどがたまり、不衛生な状態となってしまいます。特に免疫力のない、子供や高齢者がいらっしゃる家庭では、不衛生な状態から病気へつながる可能性もありますので、定期的な掃除を心掛けて、衛生状態を保たなければなりません。近年では、ホコリやハウスダストから、喘息などを発症する方もいらっしゃいますので、掃除は大切です。家族がインフルエンザやノロウイルスにかかってしまった時に、掃除や消毒を怠ると、家族全員が集団感染してしまうこともありますので、家族が病気の時は毎日掃除や消毒を行うことをお勧めします。掃除をすることにより、綺麗になり、心も晴れてきます。掃除は、家でも会社でも基本となっていますので、定期的に行い、部屋も心も綺麗にしましょう。定期的に掃除をすることにより、子供のしつけにも役に立ち、楽しい毎日を手に入れることが可能となります。

掃除にかかる時間がとても長時間

“自分の部屋は、常に安らげる場所にしておきたいものです。そのため私は、自分の部屋を掃除するととても長時間になってしまいます。

掃除の方法は、まず部屋を半分に区切ります。次に最初に掃除する半分に置いてある家具をすべて、掃除しない半分に置き換えます。つまり、部屋半分を何もない状態にしてから掃除をします。つまり、私の掃除は、家具を動かすところから始まるのです。そうしてから掃除機をかけ、フローリングを拭きます。次にもう半分を同じように掃除します。

なので、私の掃除は掃除自体よりも家具の移動に時間がかかってしまうため、長時間になってしまうのです。ですが、時間をかける分、部屋の端にも汚れが残らないのです。私は、部屋が汚れていることが嫌なので、この掃除方法があっているのだと思います。私の場合は、時間をかけてでも隅々まできれいにしたい性格なのも理由の一つだと思います。皆さんも、自分の性格を考えてみてください。そして自分に合った掃除をしてください。

ほこり取り代わりを家にあるもので代用

“私が掃除をするとき、大変なのがほこり取りです。以前までは市販のほこり取りを使用していましたが、日常的にする掃除で毎回使用しているとすぐにダメになってしまいます。なので、私は家にあるもので代用することを思いつきました。

その代用品とは、ダメになったストッキングです。その方法は、古くなったほこり取りに、ダメになったストッキングをかぶせるだけと至って簡単なものです。

掃除の方法としては、ほこりをとる前に服にダメになったストッキングをこすり付けてから掃除します。そうすることで、静電気が発生しほこりをとってくれるのです。簡単で、今までの掃除方法とあまり変わらないので楽に掃除ができています。

ダメになったストッキングを使用するので、余計なお金もかかりません。また、ほこり取りを買う分の節約にもなってとてもオススメです。みなさんも、節約のためにも市販の物だけを使用するのではなく家にあるもので代用できないか、考えながら掃除してみてください。”