排水パイプの掃除

“パイプの掃除に真空になったパイプクリーナーが便利です。これを使えばパイプのつまりが強力な吸引力と押し下げる力によって汚物が取れつまりがすっきり解消します。用途も幅広く、洗面所のパイプ詰まり、キッチン、風呂場、トイレのつまりなどに使えます。大きいゴムと小さいゴムが交換でき、2種類のゴムがついています。

大きい排水口、小さい排水口、それぞれの用途に合わせて付けかえることができます。排水パイプが詰まらないように粘性のシートやネットを張ってつまり防止を行うのも効果的です。

排水パイプの消臭と除菌には洗剤ジェルなどが良いです。排水口周りの黒ずみやヌメリを取り除きます。このような濃い液体洗剤ジェルはパイプに垂らして30分はそのまま置いてから水で流します。また効果的な使い方として約10日間間隔で使うと効果があります。また洗浄した後はきつい薬品の臭いが残るので、水で良く流し換気をします。風呂場の排水溝では、髪の毛が溶け、汚れもすっきり落ちるので大変効果的です。

OA機器のクリーニング

“オフィスや店舗にあるOA機器のクリーニングにはどのような方法があるでしょうか?一般的にオフィス内の清掃全般、清掃専門業者に依頼することがほとんどです。パソコン画面、CD、DVD用クリーナーが多数販売されています。ウェットティッシュタイプ、リキッドタイプ、エアーダストタイプなどです。CDラジカセやOA機器のほこりとりには、静電気でほこりを吸い取るというミニのハタキもあります。

CDデッキのレンズ部分はアルコールクリーナーを湿らせた綿棒でレンズ部分を清掃します。パソコンの掃除には、100円ショップに売っているエアブラシを使うとキレイになります。長時間、作業するパソコンは意外と汚れがつきやすいです。その割には掃除が見逃されがちです。パソコンを使っている時は画面が明るく液晶画面の汚れに気づきにくいですが、電源を切って暗くなった画面にはかなり汚れているのが分かります。また、うっかり画面にふれたことによる皮脂の汚れも付いているのでパソコン専用のクリーナーを使用する方が良いです。

シンクの掃除にはメラミンスポンジがとても有効

“掃除をする場所で、一番気になるのが水廻りでしょう。

水廻りの中でも、普段良く利用する台所のシンクはいつも綺麗な状態に保っておきたいと考えるでしょう。

キッチンのシンクを綺麗に仕上げるコツは、やはり光沢があるように磨くことです。水道の蛇口など、綺麗になっていればとても気持ちよく見えます。

シンクがすくんでしまう原因として、水あかの存在があります。この水あかを除去することで綺麗に見えますが、簡単に落とすことは難しいことです。

そういったときにはメラミンスポンジがとても有効に活用できます。メラミンスポンジは、今ではどのような場所でも購入でき、さらに強い力を必要としないでシンク廻りを綺麗にしてくれます。

メラミンスポンジは必ず水を含ませて使用しましょう。そのまま使用すると汚れが落ちにくくなるだけではなく、シンクを傷つけてしまう場合があります。

メラミンスポンジは、さまざまな場所で活用できますので上手に活用してみましょう。”

激しい汚れにはクリーナーをして掃除しよう

掃除は、定期的に行っても、落ちにくい汚れが出てきて困ってしまいます。そんな時はクリーナーを利用しましょう。床などの激しい汚れには、スチームクリーナーを利用することで、激しい汚れも落とすことが出来ます。スチームクリーナーは、約100度の高温スチームで、抜群の汚れ落としを実現して、除菌効果もありますので、非常にお勧めです。窓には窓用クリーナーというものもあります。窓用クリーナーは、洗剤を窓に吹き付けて、塗り広げ、吸い取るだけで、窓ガラスが綺麗になります。コードレスなので、場所を選ばず使用するのとが出来て、水だれがなく、拭き跡も残らないのでお勧めです。高圧洗浄クリーナーなどは、車の掃除やベランダ、浴槽なども綺麗に掃除することが出来ます。クリーナーは、手を汚さずに掃除出来ることも利点であり、簡単に汚れを落とすことが出来ますので、掃除が苦手という方や時間や手間を短縮したい方にも、使いやすいので、非常にお勧めとなっています。

お墓の掃除

年末、掃除が必要なのは家だけではありません。
お墓も綺麗に掃除してあげましょう。

というのも、故人にとってお墓は大切な家でもあります。
故人に代わって遺族が掃除をすることは当たり前のことです。

といっても、お墓の掃除法をどれだけ知っていますか。

ちなみにお墓の掃除は大きく二つに分けられます。
墓石周辺の手入れと墓石を洗うことです。
まず、落ち葉集め、雑草の除去、植木の剪定、玉砂利の水洗いなどが挙げられます。

あくまでも墓石周辺が汚れていることが前提になります。
次は墓石の水洗いでしょう。

次は洗剤です。
できたら石材用の洗剤で洗った方がいいでしょう。
「塩素系」「酸性系」の洗剤は避けるようにしないと染みになっています。

次は小物を洗いましょう。

花筒や線香皿、案外、お墓には小物があります。
特に花筒は汚れた水が溜まります。
内部まで綺麗にしておくわけです。

そして、乾いたタオルで水気をきちんと拭きとっておきましょう。

でないとコケが生える原因になってしまいます。

サッシの掃除

.サッシのお掃除方法

…ブラシ・ハケ・タオル・中性洗剤・バケツ・マイナスドライバーなどを準備しておきます。

…サッシのレール部分へと付着しているゴミやホコリを、ハケを上手く使いながら、しっかり取り払って行きます。

※下部のみでなく、上部や横の部分に関しても、汚れをきちんと取り除いて行きます。

…タオルにより上部のレールから横を拭いて行き、1番最後に下部を拭き上げて行きます。

…角や角へと付いているゴミやホコリが、中々落ちないのであれば、濡れタオルをマイナスドライバーに巻いて行き、丁寧に擦って行くようにします。

角と隅にある汚れでは、水をハンドスプレーの容器へと入れて行き、頑固な汚れがあるエリアに噴き掛けて行きます。

以降にはブラシで掻き出しから、細かく拭いて行くと、あっさりと除去する事が可能です。

タバコを吸う方が存在するご家庭ですと、タオルに中性洗剤をたっぷり吸収させておき、作業をやって行く事で、頑固なヤニ汚れなども確実に落とす事が出来ます。