掃除は便利なグッズを上手に活用することが大切

“掃除をスピーディーに行うときに、便利グッズは無視できない存在です。

便利グッズを上手に活用することで、より早くそして掃除疲れなどがないように終わらせることができます。

掃除に関する便利グッズとしてさまざまな物がありますが、今とても注目を集めているのが重曹やクエン酸です。

重曹やクエン酸は、どちらもとても安く手に入れることができますので、掃除を始めたいと言うときにあれば便利なアイテムとなってくれます。

使い方としては、重曹とクエン酸を同量水やお湯に溶かすだけです。

重曹とクエン酸を混ぜることで、炭酸が出来上がりますが、この炭酸の力でさまざまなタイプの汚れを綺麗にしてくれます。

霧吹きなどで汚れを落としたい部分には吹き付けておけば、半日程で綺麗に汚れを落としてくれます。

年末の大掃除などの忙しいときには、この炭酸をまずは吹き付けておき、他の部分の掃除を済ませ、半日後に吹き付けた部分の汚れを落としましょう。

こうすることで価格でとても効率的に掃除を済ませることができます。”

エアコンの掃除は難しいので京都のKMクリーンサービスにお願いするのをおススメいたします。
お掃除機能付きエアコンにも全メーカー対応しています。

掃除はまずは手順をしっかり把握することから始める

“掃除はとても面倒な作業に感じるはずです。

手間がかかり、しっかり時間をかけたにも関わらず、想像していたように綺麗にならなかったと言うことも珍しいことではありません。

しかし、掃除は効率的に行うことでより早く、そしてより綺麗に仕上げることができます。

まず、重要なことは掃除の手順を把握することです。基本的には、高い場所から低い場所へと移動を行いながら掃除をすることが基本です。

高い場所のホコリを下に落としながら、最終的には床の汚れを落とすと言うイメージで行えば、とても効率的にそして綺麗に仕上げることができるようになります。

また、事前に掃除に関する道具を揃えておくことも重要です。掃除を始めてから、足りない物を購入しなければならないと言う事態にはならないように心がけましょう。

慣れれば掃除も面倒な作業だとは感じにくくなるはずです。

また、一度に全てを終わらせることを前提とするのではなく、部分的に区切って掃除を行えば無理なく終わらせることができます。”

時間が無いときはプロのハウスクリーニング屋さんにお願いすることもおススメいたします。

病気の予防に掃除をしよう

掃除は病気の予防に役に立ちます。掃除を怠ることにより、ホコリやハウスダスト、ゴミなどがたまり、不衛生な状態となってしまいます。特に免疫力のない、子供や高齢者がいらっしゃる家庭では、不衛生な状態から病気へつながる可能性もありますので、定期的な掃除を心掛けて、衛生状態を保たなければなりません。近年では、ホコリやハウスダストから、喘息などを発症する方もいらっしゃいますので、掃除は大切です。家族がインフルエンザやノロウイルスにかかってしまった時に、掃除や消毒を怠ると、家族全員が集団感染してしまうこともありますので、家族が病気の時は毎日掃除や消毒を行うことをお勧めします。掃除をすることにより、綺麗になり、心も晴れてきます。掃除は、家でも会社でも基本となっていますので、定期的に行い、部屋も心も綺麗にしましょう。定期的に掃除をすることにより、子供のしつけにも役に立ち、楽しい毎日を手に入れることが可能となります。

掃除にかかる時間がとても長時間

“自分の部屋は、常に安らげる場所にしておきたいものです。そのため私は、自分の部屋を掃除するととても長時間になってしまいます。

掃除の方法は、まず部屋を半分に区切ります。次に最初に掃除する半分に置いてある家具をすべて、掃除しない半分に置き換えます。つまり、部屋半分を何もない状態にしてから掃除をします。つまり、私の掃除は、家具を動かすところから始まるのです。そうしてから掃除機をかけ、フローリングを拭きます。次にもう半分を同じように掃除します。

なので、私の掃除は掃除自体よりも家具の移動に時間がかかってしまうため、長時間になってしまうのです。ですが、時間をかける分、部屋の端にも汚れが残らないのです。私は、部屋が汚れていることが嫌なので、この掃除方法があっているのだと思います。私の場合は、時間をかけてでも隅々まできれいにしたい性格なのも理由の一つだと思います。皆さんも、自分の性格を考えてみてください。そして自分に合った掃除をしてください。

ほこり取り代わりを家にあるもので代用

“私が掃除をするとき、大変なのがほこり取りです。以前までは市販のほこり取りを使用していましたが、日常的にする掃除で毎回使用しているとすぐにダメになってしまいます。なので、私は家にあるもので代用することを思いつきました。

その代用品とは、ダメになったストッキングです。その方法は、古くなったほこり取りに、ダメになったストッキングをかぶせるだけと至って簡単なものです。

掃除の方法としては、ほこりをとる前に服にダメになったストッキングをこすり付けてから掃除します。そうすることで、静電気が発生しほこりをとってくれるのです。簡単で、今までの掃除方法とあまり変わらないので楽に掃除ができています。

ダメになったストッキングを使用するので、余計なお金もかかりません。また、ほこり取りを買う分の節約にもなってとてもオススメです。みなさんも、節約のためにも市販の物だけを使用するのではなく家にあるもので代用できないか、考えながら掃除してみてください。”

お風呂のカビ

“お風呂のカビに悩んでいるんです。お風呂は湿気も多いし濡れたままだからカビが出ますよね。だからといって、毎回お風呂を出る度に拭くのも、せっかくお風呂に入ったのに汗をかくようなことはしたくないです。

カビを見つけたらその都度、掃除するようにはしています。しかし、妊娠しているとお腹が邪魔になり、また腰が痛かったり骨盤が痛かったりでなかなか掃除ができません。出てきたカビを放置しておくと、こびりついてとれなくなるんですよね。洗剤を使っても、いくらブラシでこすっても落ちないんです。

また、子供のおもちゃとかも置いておくとカビでたりなんかぬるぬるしていたり不衛生な感じになるのも不満です。子供には綺麗なおもちゃで遊んでほしいですよね。

これらの悩みを解決してくれるいい道具や対策はないのでしょうか。妊婦でも楽に掃除ができて、負担がないブラシとかちゃんと汚れが落ちる洗剤とか、子供のためなにか対策とかないのでしょうか。洗剤も落ちるのは落ちるけど表面の汚れで奥まで染み込まなかったり臭いばかりキツくて汚れが落ちなかったりするんですよね。なにかいい方法はないのでしょうか。”

掃除の基本は上からすることです

掃除の基本は上から掃除することです。下の方から掃除してしまうと、上を掃除した時に、またホコリやゴミなどが落ちて、また掃除しなければならない二度手間となってしまいますので、掃除は上の高いところからすることが基本となっています。掃除は、衛生状態を保つ為には必要なことであり、不衛生な状態だと、病気になったりする可能性が高くなってしまいますので、定期的な掃除が必要となります。掃除道具は、たくさんあり、こだわりが多い方は、たくさんの掃除道具を利用します。例えば、床をほうきで掃除する方もいれば、掃除機で掃除する方もいらっしゃいます。掃除機にもパック型やサイクロンなど、様々な種類が存在しておりますので、お好みの掃除道具を購入しましょう。掃除しなければ、部屋も汚くなり、病気などの肉体面だけでなく、精神的にも悪いので定期的な掃除で、衛生状態を保つことを心掛けましょう。掃除があって始めて、楽しく暮らすことが出来ます。

掃除で気になる場所

“日々の掃除は、キッチン周り・部屋・トイレ・お風呂といった様々な場所を掃除しなければなりません。掃除をしていく中でも特に私が気になる場所は、部屋の隅とお風呂場の鏡です。トイレやキッチン周り等は掃除をしていく中で、綺麗になっていくのが目に見えてわかりますが、部屋の隅とお風呂の鏡はいつもスッキリしないと感じています。

部屋の掃除の基本として、埃が落ちるため、高いところから順番に掃除していきますが、食器棚やテーブルなどの隅や、重い家具やテレビ等が置いてある床の部分の埃はなかなか取りにくい部分があり、本当に取れているかわかりにくい部分があります。また、高い棚などは、クイックルワイパーのハンディタイプを使っていますが、実際に隅々まで掃除できているかは不明です。

お風呂場に関しては、浴槽内は比較的綺麗に洗えるのですが、鏡は水垢がこびりついており、どうしてもピカピカにすることができません。鏡を使用して約10年程経っており、取り替える時期ではあると思いますが、掃除のコツや裏ワザでなんとかできないかと、試行錯誤してきました。歯磨き粉やお酢、デニム生地で拭く、重曹などを試しましたが、水垢が綺麗に取れることはありませんでした。

これらの疑問が解決できたらと、常々思っております。”