OA機器のクリーニング

“オフィスや店舗にあるOA機器のクリーニングにはどのような方法があるでしょうか?一般的にオフィス内の清掃全般、清掃専門業者に依頼することがほとんどです。パソコン画面、CD、DVD用クリーナーが多数販売されています。ウェットティッシュタイプ、リキッドタイプ、エアーダストタイプなどです。CDラジカセやOA機器のほこりとりには、静電気でほこりを吸い取るというミニのハタキもあります。

CDデッキのレンズ部分はアルコールクリーナーを湿らせた綿棒でレンズ部分を清掃します。パソコンの掃除には、100円ショップに売っているエアブラシを使うとキレイになります。長時間、作業するパソコンは意外と汚れがつきやすいです。その割には掃除が見逃されがちです。パソコンを使っている時は画面が明るく液晶画面の汚れに気づきにくいですが、電源を切って暗くなった画面にはかなり汚れているのが分かります。また、うっかり画面にふれたことによる皮脂の汚れも付いているのでパソコン専用のクリーナーを使用する方が良いです。

シンクの掃除にはメラミンスポンジがとても有効

“掃除をする場所で、一番気になるのが水廻りでしょう。

水廻りの中でも、普段良く利用する台所のシンクはいつも綺麗な状態に保っておきたいと考えるでしょう。

キッチンのシンクを綺麗に仕上げるコツは、やはり光沢があるように磨くことです。水道の蛇口など、綺麗になっていればとても気持ちよく見えます。

シンクがすくんでしまう原因として、水あかの存在があります。この水あかを除去することで綺麗に見えますが、簡単に落とすことは難しいことです。

そういったときにはメラミンスポンジがとても有効に活用できます。メラミンスポンジは、今ではどのような場所でも購入でき、さらに強い力を必要としないでシンク廻りを綺麗にしてくれます。

メラミンスポンジは必ず水を含ませて使用しましょう。そのまま使用すると汚れが落ちにくくなるだけではなく、シンクを傷つけてしまう場合があります。

メラミンスポンジは、さまざまな場所で活用できますので上手に活用してみましょう。”

激しい汚れにはクリーナーをして掃除しよう

掃除は、定期的に行っても、落ちにくい汚れが出てきて困ってしまいます。そんな時はクリーナーを利用しましょう。床などの激しい汚れには、スチームクリーナーを利用することで、激しい汚れも落とすことが出来ます。スチームクリーナーは、約100度の高温スチームで、抜群の汚れ落としを実現して、除菌効果もありますので、非常にお勧めです。窓には窓用クリーナーというものもあります。窓用クリーナーは、洗剤を窓に吹き付けて、塗り広げ、吸い取るだけで、窓ガラスが綺麗になります。コードレスなので、場所を選ばず使用するのとが出来て、水だれがなく、拭き跡も残らないのでお勧めです。高圧洗浄クリーナーなどは、車の掃除やベランダ、浴槽なども綺麗に掃除することが出来ます。クリーナーは、手を汚さずに掃除出来ることも利点であり、簡単に汚れを落とすことが出来ますので、掃除が苦手という方や時間や手間を短縮したい方にも、使いやすいので、非常にお勧めとなっています。

お墓の掃除

年末、掃除が必要なのは家だけではありません。
お墓も綺麗に掃除してあげましょう。

というのも、故人にとってお墓は大切な家でもあります。
故人に代わって遺族が掃除をすることは当たり前のことです。

といっても、お墓の掃除法をどれだけ知っていますか。

ちなみにお墓の掃除は大きく二つに分けられます。
墓石周辺の手入れと墓石を洗うことです。
まず、落ち葉集め、雑草の除去、植木の剪定、玉砂利の水洗いなどが挙げられます。

あくまでも墓石周辺が汚れていることが前提になります。
次は墓石の水洗いでしょう。

次は洗剤です。
できたら石材用の洗剤で洗った方がいいでしょう。
「塩素系」「酸性系」の洗剤は避けるようにしないと染みになっています。

次は小物を洗いましょう。

花筒や線香皿、案外、お墓には小物があります。
特に花筒は汚れた水が溜まります。
内部まで綺麗にしておくわけです。

そして、乾いたタオルで水気をきちんと拭きとっておきましょう。

でないとコケが生える原因になってしまいます。

サッシの掃除

.サッシのお掃除方法

…ブラシ・ハケ・タオル・中性洗剤・バケツ・マイナスドライバーなどを準備しておきます。

…サッシのレール部分へと付着しているゴミやホコリを、ハケを上手く使いながら、しっかり取り払って行きます。

※下部のみでなく、上部や横の部分に関しても、汚れをきちんと取り除いて行きます。

…タオルにより上部のレールから横を拭いて行き、1番最後に下部を拭き上げて行きます。

…角や角へと付いているゴミやホコリが、中々落ちないのであれば、濡れタオルをマイナスドライバーに巻いて行き、丁寧に擦って行くようにします。

角と隅にある汚れでは、水をハンドスプレーの容器へと入れて行き、頑固な汚れがあるエリアに噴き掛けて行きます。

以降にはブラシで掻き出しから、細かく拭いて行くと、あっさりと除去する事が可能です。

タバコを吸う方が存在するご家庭ですと、タオルに中性洗剤をたっぷり吸収させておき、作業をやって行く事で、頑固なヤニ汚れなども確実に落とす事が出来ます。

歯ブラシで綺麗に掃除

お掃除をする際に、アイテムの1つとして、“歯ブラシ”を利用なさっておられる方は多いと思います。

私も利用しております。
細い溝や、細かい部分をお掃除する時に便利ですよね。

でも、手がだるくなりませんか?

そんな風に、“歯ブラシ”は利用したいけれど手が…と、お思い方に、100円ショップで購入出来る物で、手がだるくならずに歯ブラシを使う方法をご紹介したいと思います。

その方法は単純です。100円ショップで販売している“電動ハブラシ”を利用する、というものです。

実際、私はお掃除グッズの1つとして、“100円ショップの電動ハブラシ”を使っております。

きっかけは、やはり、手の痛みや、手のだるさ…でした。
「お掃除の時、歯ブラシは使いたいけど、この痛み…、でも、まさか、お掃除に電動ハブラシは使うのは…」と、思っている時、100円ショップで“電動ハブラシ”が販売していることに気が付いたんです。

高価な“電動ハブラシ”をお掃除に使うのは抵抗がありますが、これなら…と、購入し、使ってみると、手のだるさも軽減され、自動にブルブルと汚れを落とせて、とっても便利。

なので、“お掃除グッズとして、100円ショップの歯ブラシ”オススメです♪

電子レンジの掃除方法

常日頃に使用している電子レンジ、中を見ると、天井部分や庫内の各所が結構汚れています。

これは温めた食べ物が温め過ぎにより破裂して飛び散った時の物、湯気や油、食べ物の残骸などによる物で、魚や揚げ物など種類もさまざま…固まってしまっているとなかなか取りにくいですよね。

だからといって、強力な洗剤を使うのも、心配…。

洗剤を使うよりも安心で簡単な方法がありますのでご紹介いたします。

使うのは、お酢です。

方法は、水で5倍くらいに薄めたお酢を耐熱容器に入れ、ラップをせずにレンジの中へ。あとは3分程レンジで加熱します。

ポイントは加熱が終わったあと、すぐに扉を開くのではなく、1時間くらいそのまま放置することです。

レンジに入れたお酢は、加熱により湯気が出ます。そして、加熱後にしばらく放置すると、その湯気がレンジの庫内に充満するので、固まった汚れもふやけ、取れやすくなるのです。

また、お酢を使用する理由は、お酢は酸性なので、食べ物の残骸などに多いアルカリ性の汚れを浮かせ、取ることが出来るからです。

放置したあとは、キッチンペーパーなどでレンジの中を拭き取るだけでスッキリ汚れが落ちます。

安心で簡単♪試してみてください!

アルミホイルを使って上手に掃除

台所やお風呂場の排水口の“ぬめり”…お掃除する時も、やっかいで気持ち悪い…ですよね。

その“ぬめり”が、日頃の対策で予防を出来ます。

その対策方法はとても簡単です。

用意するのは、アルミホイル。

アルミホイルを適当に切り、ボール状に丸めてください。
そのアルミホイルで作ったボール状の物を3個くらい準備します。
あとは、それを排水口に入れておくだけです。

それだけで、あのヌルッとしてやっかいな“ぬめり”が予防出来るんです。

理由はアルミホイルにより発生する金属イオンによるもので、アルミホイルが無い場合は、使い古したストッキングなどに10円玉を5枚くらい入れた物をぶら下げておいても同じ理由により、同様の効果があります。

よく、花瓶に10円玉を入れておくと良い…と聞く事がありますが、それも同様の理由、効果の為だと思います。

私は排水口にお金…というのは、なんとなく抵抗があり、アルミホイルを入れる方法を実践してますが、効果は確かにあります。

アルミホイルを丸めて入れておくだけで、あの“ぬめり”から解放♪お試しあれ!

やりだすとキリのない掃除

やりだすとキリのない掃除!
でも苦手な場所も沢山あって!例えばグリルの中。
網や受け皿は外して洗うんですが、引き出し本体やグリルの上部のお掃除は面倒臭さが勝ってしまって、ついつい放置してしまうことが多いんです。
そんなずぼらな私が目をつけたのが
「水の激落くん」です。

これ、ただのお水を電子分解したものだそうで、余計な洗剤や薬品などは全く入ってないのです。
なので食品関係のものや赤ちゃんのオモチャにまで使えるという嬉しい商品なのです。

私はこれでグリルのなかもチャチャッと拭いてしまいます。

キッチンペーパーに数回吹き付けて気になる油汚れ部分を拭きます。
使ったことがある人はわかると思いますがこれスッゴく落ちるんです!
名前負けしてない!
ただの水なのに何故こんなに落ちるのかという理屈はわかりませんが、とにかくよく落ちます。
なので使いたくなる場所もいっぱい。

換気扇廻りの油汚れやタイル汚れ、
炊飯器やケトルの手垢汚れや電子レンジの中とかも有害物質を気にすることなくあちこち拭けるのでとってもお勧めです。

年末が近くなるとディスカウントストアなどで大量山積みしてあるので是非使ってみてほしいです。

おしりふき

我が家には一歳と二歳の娘がいます。
赤ちゃんがいる家庭は大抵同じだと思うのですが、ハイハイをしたり
何でもかんでも口に入れてしまうので
掃除には少し神経質になってしまいます。
大人だったら気にならないような場所、
例えば「はばぎ」と呼ばれる壁のしたの方の段差だったり、普段はいているスリッパの裏だったり。
あとはテレビ周りの誇りや窓、棚など。
そんな場所をお手軽にささっとお掃除できるのが「おしりふき」

このおしりふきがとっても便利でなかなか活用できるアイテムなんです!

子供がテレビやスマホを触って指紋だらけになってしまっても、おしりふきでささっと拭いてティッシュで軽く乾拭きするだけでピッカピカになりますし、
赤ちゃんがいたずらで一杯出してしまったときは袋に入れておいて、誇りが気になる場所の掃除に使ったり、ちょっとテーブルを拭いたり、
時には電子レンジの中や炊飯器回りを拭いたりととってもヘビロテなアイテムなんです!

アルコール除菌ができる訳じゃないですが、赤ちゃんのお尻や手足、お口周りを拭いても大丈夫なものなので安全性はバツグンで安心して使えるのがいいところだと思います。

値段も安く、雑巾を洗って絞って使うのが億劫な人にはオススメなアイテムだと思います。